白髪にも効く女性用育毛剤について

白髪にも効く女性用育毛剤はある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

白髪と抜け毛では原因が根本的に異なります。育毛剤とは、抜け毛を予防するためのもの。白髪の原因に対してアプローチするものではありません。ですから、育毛剤の使用で白髪が黒くなることはない、と考えられます。しかし実際のところ、育毛剤を使い始めたら白髪が減ってきた、という人もいます。

これは、育毛剤の使用により頭皮環境が改善されることと関係があるようです。ただ、これは副次的な効果によるものであり、必ずしも育毛剤が白髪にも効く、というわけではありません。ですから、白髪を無くす目的での育毛剤の利用はあまり期待しない方が良さそうです。

抜け毛・白髪それぞれの原因は?


女性に多い抜け毛の原因は、貧血や低血圧による血行不良、それに伴う頭皮への栄養不良、ストレスや自律神経の乱れ、ホルモンバランスの乱れが主なものです。それに対して、髪の毛が白くなるメカニズムはこうです。

本来、髪の毛は毛根の毛母細胞で作られますが、その際、髪に黒い色を付けるメラノサイトという細胞が働き、髪の毛が黒くなります。ところが、メラノサイトは年齢と共に減少するだけでなく、髪を黒くするのを助けている酵素であるチロシナーゼの働きも弱ってくるため、徐々に白髪が増えてくるのです。

このように、抜け毛と白髪の原因は根本的に異なっています。育毛剤には頭皮の血行不良を改善し、毛根に栄養を送るなどして、髪の毛の成長を助ける効果があります。しかし、育毛剤にはメラノサイトやチロシナーゼの活性化を促す効果はありませんから、白髪には効果がないのです。

育毛剤で髪が黒くなる人がいる理由


白髪に効く育毛剤はないのですが、育毛剤の副次的な効果により、中には白髪が減った、という人もいます。こうしたことが起こるのは若い年齢層の人に多いです。つまり、老化によってメラノサイトが減ってしまうことによる白髪ではなく、血行不良や栄養不良による白髪の場合、育毛剤で髪が黒くなることがある、というわけです。

まとめると、育毛剤には白髪改善効果はないものの、頭皮環境が改善されることによって白髪が改善される可能性がある、ということです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加