女性用育毛剤と薄毛の予防について

女性用育毛剤は薄毛の予防のためにも使える?

このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも育毛剤とは、“今ある毛を丈夫にするための薬剤”のこと(もちろん、髪の毛を生やす効果もあります)。つまり、本来は薄毛予防のためのものなのです。ですから、遺伝的に髪の量が少ない場合や髪が細い場合、今ある髪の毛を丈夫に保つために育毛剤を使うのは理にかなっていると言えます。

薄毛予防におススメの育毛剤


育毛剤の分類には、医薬品、医薬部外品、化粧品があります。育毛剤の他に養毛剤というものもありますが、これらはどれも目的は同じ、ヘアサイクルを整えて髪の毛を抜けにくくすること。

しかし、どれでも良いかというとそうではなく、厚生労働省によって効能が認められているのは医薬品と医薬部外品に指定された育毛剤だけです。医薬品と医薬部外品の違いはこうです。医薬品は高い効果が期待できるが副作用の心配もある。医薬部外品は効果が認められており、副作用の心配がない。というもの。

女性用育毛剤のほとんどは後者の医薬部外品に指定されており、前者の医薬品に指定された商品はごく僅かとなっています。医薬品に指定された育毛剤は値段が張る上に副作用も心配ですから、薄毛の予防として使用するなら医薬部外品で十分だと言えるでしょう。

無添加・低刺激のものを選ぼう!


薄毛予防のための育毛剤は、頭皮に余計な負担や刺激をかけないよう、無添加・低刺激のものを選びましょう。抜け毛が増えるのは頭皮が弱っている証拠です。効果的な抜け毛予防のカギは頭皮を刺激から守ること。そのためには、香料や防腐剤が無添加のもの、頭皮に負担を与えないものが好ましいと言えるのです。

抜け毛予防に役立つ生活習慣


ホルモンバランスの乱れは抜け毛を引き起こしてしまいます。ヘアサイクルとホルモンバランスは切っても切れない関係にあるため、髪の毛を抜けにくくするためにはホルモンバランスを安定させておくことが大切です。ホルモンバランスの安定に役立つのは早寝、早起き、バランスの良い食事、軽い運動です。何よりストレスを溜めないこと、疲れすぎないことが大切です。精神的なゆとりを持てるよう意識して過ごしたいですね。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加