女性用育毛剤の妊娠中、授乳中の利用について

女性用育毛剤は妊娠中や授乳中でも使える?

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性用育毛剤には「医薬部外品」に指定されているものと「医薬品」に指定されているものがあります。医薬部外品に指定されているものなら妊娠中や授乳中でも使用することができます。

しかし、医薬品に指定されているものは注意が必要となっています。妊娠中、授乳中に育毛剤の使用を検討しているなら、購入を検討している育毛剤の販売先に事前に確認するのが安全だと言えます。

妊娠中、授乳中に避けたい育毛剤の成分は?


妊娠中や授乳中に避けたい育毛剤の代表的な成分はミノキシジル、塩化カルプロニウムです。これらは医薬品として認められている血管拡張成分で、強い効力が期待できる反面、副作用も心配なのです。薬剤は、頭皮から毛細血管に吸収され、体内を巡ってへその緒を通じ、胎児に届いてしまうためです。

また授乳中であれば、頭皮から吸収された育毛剤成分が母乳に混ざってしまい、赤ちゃんが飲んでしまうことになります。血管拡張剤のような強めの医薬品である場合、赤ちゃんの血圧が下がり、健康に重大な害が及んでしまう可能性があるのです。

妊娠中、授乳中でも安心して使用できる毛管拡張成分も存在しています。例えばセンブリエキス、ニンジンエキス、ショウガエキスなどです。妊娠中、または授乳中であるのなら、こうした医薬部外品に指定された、天然で安全な成分を使用した育毛剤を選びましょう。

出産後に抜け毛が増える理由


妊娠中には体内のホルモンバランスが大きく変化します。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがありますが、妊娠するとプロゲステロンの分泌量が多くなります。

プロゲステロンには妊娠を安定させる作用がありますが、同時に髪の毛の成長を促進させ、抜けにくくする作用があります。そのため、妊娠中は髪の毛が抜けにくくなる人が多いです。

その反面、出産後にはプロゲステロンの分泌量が元に戻り、これまでずっと抜けないでいた髪の毛が抜け、一時的に薄毛になるのはよくあることなのです。特に、前髪の生え際あたりの脱毛が気になる方が多いです。

出産後に抜け毛が気になっても、1年も経てばもとに戻ることが多いですから、慌てずに様子を見てもいいでしょう。ただ、産後の抜け毛をできるだけ早く改善したいなら、やはり女性用育毛剤を使用したほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加