医薬品に指定されている女性用育毛剤について

医薬品に指定されている女性用育毛剤とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

医薬品として指定されている女性用育毛剤に「パントガール」があります。これは錠剤タイプの育毛剤で、女性用育毛剤の中では唯一の服用タイプの育毛剤であり、唯一、医薬品に指定されている女性用育毛剤でもあります。

パントガールの成分は?


パントガールの成分は、以下の6種です。

L−シスチン

髪の毛や爪を作る成分です。髪の毛を丈夫にし、おまけにお肌の美白効果があります。

ケラチン

髪の毛の90%はケラチンでできています。つまり、ケラチンは髪の毛の主成分。髪の毛を丈夫にしてくれます。

パラアミノ安息香酸

白髪になりかかった髪の毛の色を、元に戻す効果があります。おまけにお肌のシワができるのを遅らせる効果もあります。

ビタミンB1

エネルギー代謝に関係のあるビタミンで、抜け毛・白髪予防に効果があります。

パントテン酸カルシウム

代謝を助ける効果があり、髪の毛や肌を美しく保つ、美容のビタミンとして知られています。

薬用酵母

タンパク質、ビタミンB群、消化酵素を含んでおり、栄養補給にも使用される成分です。

パントガールの効果は?


パントガールの効能は高く、服用した人の90%に抜け毛減少効果が見られています。ただしこれは海外のデータであり、日本人が服用した場合にどれだけの効果があるのかは、現在研究中となっています。パントガールが特に効くのは「びまん性脱毛症」です。

これは、貧血や栄養不足、ストレスや生活環境などの様々な影響によりホルモンバランスが乱れ、毛髪が全体的に薄くなってしまう脱毛症です。パントガールの魅力は、抜け毛が改善されるだけでなく美肌効果も期待できることですね。しかも深刻な副作用もないため、比較的気軽に試せる薬品と言えます。

パントガールの購入方法は?


パントガールは医薬品に分類されているため、医師の処方箋が必要となり、国内での一般的な入手方法はクリニックでの処方となります。しかし、クリニックでの処方となると価格もある程度張ってしまうため、ネットの個人輸入代行店を利用して、海外から格安で個人輸入する人が多くなっています。

この場合、処方箋が無くてもパントガールを手に入れることが可能ですが、予期せぬ副作用が表れた場合でも、すべて自己責任となります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加