女性用育毛剤に含まれている成分について

女性用育毛剤に含まれている成分とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性用育毛剤には、保湿や血行促進、抗炎症など、頭皮環境を保護し、整える効果があります。特に、毛根への栄養不足や頭皮の乾燥を改善する成分が中心になっているものが多いです。以下、女性用育毛剤に含まれる代表的な成分を効能ごとにまとめたいと思います。

女性用育毛剤の効能と成分


血行を促進する成分

センブリエキス、ミノキシジル、フロジン液(塩化カルプロニウム)、シャクヤクエキス、ニンジンエキス、トウガラシエキス、ショウガエキス、エビネエキス、サンザシエキスなど。

栄養補給成分

各種アミノ酸(アラニン、イソロイシン、トレオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、アスパラギン酸、セリン、グリシン、バリン、プロリン、アルギニン、グルタミン酸など)、各種ビタミン(ビタミンA、B2、B6など)、ヒバマタエキス、亜鉛など。

抗菌成分

ユーカリエキス、ヒノキチオール、ペパーミント、チャエキス、クジンエキス、ドクダミエキス、シソエキス、サンショウエキス、チョウジ、ウイキョウ、カキタンニン、セイヨウオトギリソウエキスなど。

保湿成分

トレハロース、ヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキス、コラーゲン、プラセンタ、アセロラエキス、ベニバナエキス、ヘチマエキス、アロエエキス、海藻エキス、キナエキスなど。

新陳代謝促進成分

ボダイジュ、ポタンピ、ヒノキチオール、クロロフィル、クロレラエキス、ゴレンシ葉エキス、ヒキオコシエキス、ヒノキチオール、トウニンエキス、パントテント酸など。

抗炎症成分

ユーカリエキス、チャエキス、シソエキス、サボンソウエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ヒノキチオール、セイヨウオトギリソウエキスなど。

抗酸化作用

ボダイジュ、ポタンピ、セージ、アスコルビン酸、プロシニアジン、ニコチン酸アミド、ポリ乳酸など。

女性ホルモンを調整する成分

フラボステロン、オトギリソウエキス、カンゾウエキス、ヨモギエキス、クララエキスなど。

抗男性ホルモン成分

チョウジ、オウゴンリキッド、オウゴンエキス、キナエキス、冬虫夏草エキスなど。

成分選びの注意点


薄毛以外にもフケや痒みに悩んでいるなら、抗菌成分や抗炎症成分が含まれた育毛剤がおススメです。注意したいこととして、痒いときにミノキシジル入りの育毛剤を使用してしまうと、刺激が強すぎて頭皮環境が悪化してしまうことがあります。頭皮に痒みがある場合、できるだけ刺激のない育毛剤を使い、清潔さと保湿を心がけ、頭皮環境を整えることが優先となります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加