女性用育毛剤の特徴、男性用との違いについて

女性用育毛剤の特徴とは?男性用との違いは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛剤を選んでいると、男性用と女性用、男女兼用のものがあることに気づきます。ところで、男性用の育毛剤と女性用の育毛剤には、それぞれどんな特徴あるのか?気になりますね。この違いは主に、男性と女性それぞれのホルモンバランスの違いが関係しています。

一般的に、男性の体内には男性ホルモンが多く、女性の体内には女性ホルモンが多いです。毛髪とホルモンは大きく係わっており、男性ホルモンが多いと髪の毛が抜けやすくなり、女性ホルモンが多いと髪の毛が抜けにくくなります。

同じ薄毛の悩みでも、ホルモンバランスの乱れが主な原因であるという点は共通していますが、髪が抜ける仕組みは男性と女性とで若干異なるため、男性用育毛剤と女性用育毛剤が存在しているのです。

男性用育毛剤の特徴は?


多くの男性用育毛剤には、男性ホルモンがもたらす悪影響を阻止する成分が含まれています。例えば、男性ホルモンは皮脂分泌量を増やし、毛穴を詰まらせて毛根を弱らせてしまうことがあります。男性用育毛剤には、これを阻止するため皮脂分泌量を調整する成分が含まれていることがあります。

また、男性ホルモン“テストステロン”が“ジヒドロテストステロン”へと変化し、脱毛を引き起こすのを阻止するため、フィナステリドという成分が含まれた塗布タイプの育毛剤もあります。

こうした成分が含まれた男性用の育毛剤は、男性の脱毛にはもちろん効果を発揮しますが、女性の脱毛には大して効果がない場合もあります(ただし、女性の脱毛も男性ホルモンが優位になることが影響しているので、ある程度の効果は見込める)。

女性用育毛剤の特徴は?


女性の抜け毛の主な原因は、ホルモンバランスが乱れることにより起こるびまん性脱毛症です。女性ホルモンの分泌量が減り、男性ホルモンが優位になると、頭皮環境が悪くなったり、毛根へ栄養が運ばれにくくなるため、髪の毛が抜けやすくなってしまうです。

そのため、女性用の育毛剤は、頭皮の炎症を抑え、保湿し、血行を促進させ、毛根に栄養を与えるなど、頭皮環境を改善することを目的としたものが大半を占めています。さらに、香りにも違いがあります。男性用の育毛剤は清涼感を感じる香りが多いのに対し、女性用の育毛剤は、女性が好むアロマや柑橘系の香りのものが多くなっています。

女性用育毛剤は低刺激


一般的に、女性は男性よりも肌が敏感です。そのため、女性用の育毛剤は男性用に比べて刺激が弱く、頭皮への負担が少ない、という特徴があります。そこで時々誤解されることとして、「刺激が弱いということは効果も弱いのではないか」と思う人もいるようです。どうせ育毛剤を使うなら、効果の高い商品を選びたい、というのは誰もが思うことですね。

しかし、女性用は低刺激だから効果も低い、ということではないのでご安心ください。逆に、刺激の強すぎる育毛剤を使い続けていると、頭皮環境が悪化してしまう可能性も…。女性なら女性用の育毛剤を使うことが、高い効果を得るための近道だと言えます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加