女性用育毛剤と産後の抜け毛について

女性用育毛剤は産後の抜け毛にも効く?

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性用育毛剤は、産後の抜け毛にも効果を発揮します。産後の抜け毛は、妊娠・出産によってホルモンバランスが大きく変動することによって起こります。

出産後、ホルモンバランスが安定するにつれてヘアサイクルも安定し、抜け毛は治まってきます。ここで女性用育毛剤を使うことで頭皮環境を改善し、髪の毛が生えやすい状態を整え、ヘアサイクルを早めにもとに戻すことができます。

産後に抜け毛が多くなるのはどうして?


妊娠中は体内のホルモンバランスが大きく変化します。女性ホルモンには2種類あり、一つはエストロゲン、もう一つはプロゲステロンです。妊娠中にはプロゲステロンの分泌量が増え、妊娠を安定させるのですが、プロゲステロンにはヘアサイクルを長くする作用もあります。

つまり、普段ならとっくに生え変わっているであろう毛が、妊娠中は抜けずに生えているというわけです。そういうわけで、出産と同時にプロゲステロンの分泌量が元に戻ると、これまで抜けないでいた毛がゴソッと抜けるのはよくあることなのです。その結果、一時的に髪の毛が薄くなるのです。

また、産後に抜け毛が増える理由として考えられるのは睡眠不足や疲れです。産後は夜中も赤ちゃんの世話をしなければならないため、睡眠がよく取れず、体に負担がかかります。その結果、丈夫な髪の毛が作られず、抜け毛が増えたり髪の毛がパサついたりしてしまうのです。

さらに妊娠中に栄養が赤ちゃんに取られていたこともあり、髪の毛はパサつきやすくなっています。女性用育毛剤は、出産後の薄毛をできるだけ早く元の状態に戻すのを手助けしてくれます。

産後の女性用育毛剤の選び方


産後は赤ちゃんに母乳をあげなければなりませんから、育毛剤は授乳中でも使えるものを選びましょう。医薬品に指定されているものは成分が強いため、毛細血管を通じて母乳へと入り込むと赤ちゃんに影響が及ぶ恐れがあります。

授乳中は医薬部外品に指定された育毛剤を選ぶと良いでしょう。心配なら、購入を考えている育毛剤の販売者に事前確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加